· 

【動き】のある絵の描き方

どうして【動き】をつけるの?

 

 

絵画を描く上でとても大切にしていることは‥‥絵の中に【動き】があるかどうかです😊

 

 

【動き】があるだけで、その絵の印象がガラリと変化してくるんですよ❣️

 

 

例えば、風、動物、植物、海などは動きがあるものですね✨

 

 

動きがあると、絵を見る人の心は【想像】が膨らみます😊

 

 

YucoN のオーラアート作品では【動きある作品】ばかりですが、その中でも最もわかりやすい【動き】のでている作品をご紹介しながら、具体的に【動きとはなにか?】をみてみましょう!

 

 

では以下のオーラアートをご覧下さい❣️

  

  

まずこちらの絵画の第一印象は風が吹いていますね(笑)!

 

 

よくみると風の【流れ】もあるのがわかるでしょうか?❣️

 

 

上から左下に風が吹き、そのまま下にいった風が次は右上へと、翼と合わさりながら流れています🧡

 

 

またお花の花びらも舞っていますね✨

 

 

こんな風に動きあるものが絵の中にあると、まるで命が吹き込まれたかのように【感情】や【状況】が見る人に伝わると思います😊

【動きのある絵】の描き方

 

では具体的にどのように描くのか動画で見ていきましょう(*^-^*)

 

 

最初に一番薄い色で、動きの流れをさっと【下書き】するような感覚で描きます✨

 

 

そのあとにだんだん濃い色を重ね塗りしていきます🧡

 

 

この時、色鉛筆の先がポイントになります✏️

 

 

先がピンピンであればシャープになるので【勢いある強い印象】が描けて、

 

 

逆に先の丸みがあれば、ぼや~っとぼかしのようになり【柔らかい印象】を描くことができます✨

 

 

このように色鉛筆の先の状態を意識しながら塗っていくと良いですよ😊

 

 



 

 

※描き方の質問などがあれば、何でも下のコメント欄からしてみてくださいね。

 質問以外も歓迎です(*^-^*)