· 

アート机 選び方のポイント

【選び方の3つのポイント】

 

色鉛筆画を描くために必要なもの‥‥✨

 

 

色鉛筆や画用紙はもちろんですが、忘れてはならない大切な道具があります😊

 

 

それは、【机】です🌷

 

 

みなさんは、絵を描いたり、勉強したり、本を読んだりする時、どんな机を使っていますか❓

 

 

短い時間ならどんな机でも良いかもしれませんが、

 

 

長時間使用する場合、描きにくいものであったり、姿勢を悪くしたりと、あなたの負担になってしまうことがあります💦

 

 

YucoNは、色鉛筆で使う机には3つのこだわりがあります。それは…

 

 

 

①「デザイン」

②「機能性」

③「サイズ」🌈

 

 

今回は、この【3つのポイント】についてご説明したいと思います😊

 

 

 

 

 



①デザイン

 

一つ目のポイントは、【デザイン】です🌷

 

 

デザインは好みにもよりますが、絵を描くには自分の【心地良い空間】を作ることが大切です。

 

 

おしゃれなデザインを使用すると、机に向かうだけでもワクワクしてテンションが上がります😘♥

 

 

 

机の色

 

 

デザインでのこだわりのひとつは、【落ち着く色】であること。

 

 

絵を描く上で、作品に影響を及ぼすような明るい色はよくありません💦

 

 

下の写真のようなダークブラウンや黒などの落ち着いた色がおススメです🌷

 

机の色は落ち着いた色を選ぶことを勧める写真
机の色は落ち着いた色を選ぼう

丸みのあるデザイン

 

 

もう一つ、デザインでのこだわりは【丸みがある】ということ。

 

 

YucoNは丸みのあるデザインがホッとして好きなんです😘♥

 

 

また、尖っている家具を使っていると、すぐに角で打ってケガをしてしまいます💧笑

 

 

小さな子供さんがいらっしゃる家でも、丸みのあるデザインだと安心ですね❗

 

 

丸みのあるデザインを現す写真
机は丸みのあるデザインがおススメ

 

 

 

 

 

②機能性

 

 

2つ目は、【機能性】です🌷

 

 

使い勝手が良い机を選んで、ストレスなく、スムーズに絵を描いていきましょう☺🌺

 

 

 

机の傾斜

傾斜する作業台、安定した脚が大切であることを示す写真
傾斜する作業台、安定した脚が大切です

 

 

なかでも、色鉛筆を描く時には、机の【傾斜】がとっても重要なんです🌷❗

 

 

少しわかりにくいかもしれませんが、頭部が10cm前に出る前傾姿勢になると、 

 

 

頭から24kgの重量物をぶらさげているくらい負担がかかるそうです💧

 

 

想像以上に負担がかかるということです💦

 

 

なので、対策として、【傾斜している机】を使用することをオススメします🌺

 

 

それなら高い目線の位置から視野を広く、絵を眺めることができ、姿勢もまっすぐになりやすくなります✌☺

 

 

ただし、色鉛筆は適度に力を込めて濃く描くこともあるため、急角度すぎても描きにくいです。

 

 

ちょうど良い角度は、【10度】程度になります。

 

 

たった【10度】の違いが、首・肩・背中・腰の負担をとっても軽くしてくれるんですよ♥

 

 

また、傾斜する台は絵を描く時だけではなく、本を読むとき、勉強するとき、パソコンをするとき、スマートフォンやアイパッドを使用するときなど様々な場面で活躍してくれます💫 

 

  

幅広い〜〜♥!!

 

 

また、傾斜をつけたくない場合もあると思いますので、傾斜した台を一旦、直して【平らな机としても使用できるもの】が便利です☺

 

 

YucoNは、ジュエリーを制作する時などは、机の上に置く物が多いので、平らな机で作業しています🌷

 

 

 傾斜した机を買うのが難しい場合は、下のような【卓上傾斜台】もおススメです♥

 

 

デスクマットもついていて、本当に使いやすいです🌈



YucoNも今の机はこの傾斜台を使用していることを示す写真。
YucoNも今の机はこの傾斜台を使用しています。

机の脚

 

 

小学校や中学校で使用した机で、「脚がガタついて集中できない」なんてことはありませんでしたか❓(懐かしい記憶🌷)

 

 

オススメとして、机を選ぶときは、しっかり【安定】したものを選ぶと良いです。

 

 

各脚が床面に沿ってしっかり地面についているものは、ガタつきや歪みなども発生しにくく、机に安定感がありますね❀

 

 

机はガタつかないよう安定しているものを選ぶことをお勧めする写真
机はガタつかないよう安定しているものがおススメ

 

 

他に、クロスバーで補強されていたり、底板があるようなタイプもあります。

 

 

グラつきの少ない安定した机だと、きっと集中できて気持ち良く作業できると思います🌈

 

 

 

 

撥水加工、耐摩耗性

 

机は長く大事に使っていきたいもの♥

 

 

机などの家具は、撥水加工、耐摩耗性、耐食性などがしっかりしているものを選びましょう😉🌷

 

 

ちなみに、木製の家具には仕上げの塗装がされていることが多いです。 

 

 

ウレタン塗装やオイル塗装など様々な塗装があるんです💡

 

 

【オイル塗装】は体に優しい無害の塗装で、環境にも優しい反面、必ずメンテナンスが必要になってきますので、もし「あまり手間をかけたくない」といった場合には【ウレタン塗装】の家具をおすすめします。

 

 

収納

 

これは少し意外かもしれませんが、YucoNは「机に収納は必要無い。」と感じているんです😊💡

 


集中するためには、机周辺に必要無いものは置かないようにしているのです💫

 

 

例えば、収納が多くあると、そこに目が行き、つい作業に関係のない資料を見て時間を費やしてしまうことも少なくないからです💧

 

 

なので、使用しないものは別の棚に収納するのが、おススメです🌺

③サイズ

 

3つ目は、【サイズ】です。

 

 

自分の部屋に合うサイズの中でも、【少し大きめ】のサイズを選ぶのがポイントです。

 

広めの幅のサイズがおススメの画像
広めの幅のサイズがおススメ

作業台の広さ

 

 

 机のサイズの中でも、気になる一番のポイントは【横幅】です❗🌺

 

 

一般的な机の奥行きは60cm、横幅100cmくらいだと思います。

 

 

YucoNのおススメするサイズは、奥行きはそのまま【60cm】ですが、横幅は【140cm】くらいあると良いと思っています🌷

 

 

それはなぜかというと、机に物があふれかえっていると、大事な物を落としてしまったり、使いたい物どこにあるかわからなくなり集中できません。

 

🔶良い作品を生み出すにはスッキリとした良い環境が必要だと思います🔶

 

 

色鉛筆はたくさんの本数を使用するため、色鉛筆のケース、色鉛筆を削る用のカッター、消しゴム、色鉛筆の粉を拭き取るハケ等、色んな道具を置くため、広めの机が便利ですよ😊 

 

 

ただし、横幅の広い机を置くスペースも限られてるかもしれませんので、自分の家に合ったサイズも見ながらみつけてくださいね😊

 

 

台の高さ

 

高さは低すぎない机を選ぶことが大切です。

 

 

日本の机は一般的には70センチの高さで設計されるそうです。

 

 

YucoNは一般的な70cmを使用していますが、丁度良い高さだと感じています。

 

 

椅子の高さが調節できるものであれば、低すぎなければ適度に調節できるので丁度良い位置に調整できます。

 

 

女性の場合は70cmより少し低くくらいが良い方もですが、極端に低いものは選ばないようにしてくださいね(^^♪

 

 

 



まとめ

 

色鉛筆を描く机の選び方についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか❓ 

 

 

ここで、以上に挙げた【3つのポイント】を整理してみますね❗☺

 

 

①デザイン 

 ・落ち着いた色

 ・丸みのあるデザイン

 

②機能性  

 ・適度に机の角度を傾斜させられるもの

 ・机の脚がしっかりしているもの

 ・撥水、耐摩耗、耐食性がしっかりしているもの

 ・収納は少なくても良い

 

③サイズ

 ・作業台が広いもの

 ・台が低すぎないもの

 

 

色鉛筆などのアート用の要件を満たす机は以下の検索キーワードなどで検索するとみつかりますよ🌷

 

 

お買い物をする時は口コミによる採点も重要なので参考にしてみましょう😊

 

  


⇓アマゾンでの検索結果はこちら

コクヨさんのUPTISがお勧め
丸みのあるデザインで、幅や色も選べます
滑らないデスクマット付き
滑らないデスクマット付き
バスケットタイプも選べます
バスケットタイプも選べます

トレータイプはワゴンとの組み合わせも可能
トレータイプはワゴンとの組み合わせも可能
奥にOAタップやスマホを置けて便利。
奥にOAタップやスマホを置けて便利。


 

 

このように色鉛筆で使う机といっても、多くのポイントがあり、選ぶのもワクワクしますね🧡

 

 

あなたにきっと合う【運命の机】があると思います。

 

 

皆さんもきっと「毎日が楽しくなる机」に出逢って、気持ち良く絵を描いてくださいね😊❣️

  

 

 

 

 


Aura Artist YucoN

 両耳進行性難聴という病気をきっかけに人のオーラを読み取ることができるようになる。

音楽芸能の世界に入り、一生分の喜びを感じるも、同じくらいの悲しみを味わい挫折。

人間不信を乗り越えて、今では一人ひとりが夢や目標へ一歩一歩、踏み出す力になるように願いを込めて、心の内面をテーマにアート作品を制作しています。